Shopifyセキュアバッジ

今日、ローズゴールドの婚約指輪はヴィンテージ/アンティークスタイルの魅力で非常に人気があり、特にダイヤモンドの婚約指輪の生産では、銀と銅が好ましい合金です。 


最近ジュエリーでよく見かけるローズゴールドは、銅と銀を使って作られた合金です。 白の下などの他の種と比較して、スポーツや日常​​の使用に頻繁に好まれることが知られています。 近年、特に時計製造分野で集中的に使用されています。 多くの有名ブランドが、時計コレクションにローズゴールドとしてローズゴールドを追加しています。

ローズゴールドとは何か、その特徴とは何か、そしてそれがどのように生産されるかを見てみましょう。

ローズゴールドとは何ですか?

純金に銅や銀を混ぜて作った合金をローズゴールドと呼びます。 かつては知られていなかったローズゴールドが、今では熱心に使われています。 イエローゴールドは定期的に作られ、しばらくするとローズゴールドのように時代遅れになるという事実は、長期間の使用に好まれることがよくあります。


ローズゴールドの作り方

ローズゴールドは、0,6%の銀と19%の銅を含む純金で作られた合金です。 18Kゴールドの中でもローズゴールドは、結婚指輪と混同されることがよくあります。 これに加えて、時間と日常の使用に好まれるジュエリーは、一般的にローズゴールドから製造されています。 宝石商から直接ローズゴールドを購入できるので、イエローゴールドとホワイトゴールドを取り、ローズの下に塗ることができます。 イエローゴールドをローズゴールドで覆ったら、再びイエローゴールドに変えることができます。 しかし、あなたのホワイトゴールドにはそのようなチャンスはありません。 また、ローズであるオリジナルのゴールドをイエローゴールドに変えることはできません。

私たちのジュエリーの習慣もその日のファッションによって変化したため、ローズゴールドの生産は人気を博し、女性の心を奪い始めました。 今のところ、イエローゴールドを時代遅れ、ホワイトゴールドをシルバーと見なす女性は、ローズゴールドを好みます。 同時に、時計業界のイエローゴールドが大きな関心を集め始めたため、ローズゴールドがコレクションに加わり始めました。 このようにして、この分野で作成された学生のための新しいタイプの金が開発されました。 iPhone6sのカラーオプションには「ローズゴールド」も追加されています。

非常に人気のあるローズゴールドがロシアで使用され始め、現在多くの国で好まれています。 時折白の下にあるスタイリッシュでシンプルな見た目で注目を集め続けています。

用語:Cダイヤモンドを入力し、 ジュエリーコンサルタント、 ローズゴル、 リングセット、 プリンセスカット、 ゴールドバンド、ホワイトダイヤモンド、ローズゴールドリング

ローズゴールドの婚約指輪| Goldia.com

並び替え:
セール
5 / 8CT。 14KローズゴールドのTWダイヤモンドエンゲージリング
5 / 8CT。 14KローズゴールドのTWダイヤモンドエンゲージリング

小売価格: $ 1,380.00
私達の価格: $ 715.00
セール
10Kローズゴールドダイヤモンドブライダルエンゲージリング7 / 8Cttw